記事

動脈遮断肝に対する部分的門脈動脈血化法の検討-ウロキナーゼ固定化カテーテル装着法の有用性について-

記事を表すアイコン

動脈遮断肝に対する部分的門脈動脈血化法の検討-ウロキナーゼ固定化カテーテル装着法の有用性について-

資料種別
記事
著者
中野, 達夫
出版者
金沢大学十全医学会
出版年
1992-10-20
資料形態
-
掲載誌名
金沢大学十全医学会雑誌 101 5
掲載ページ
p.882-896
すべて見る

全国の図書館の所蔵

国立国会図書館以外の全国の図書館の所蔵状況を表示します。

所蔵のある図書館から取寄せることが可能かなど、資料の利用方法は、ご自身が利用されるお近くの図書館へご相談ください

その他

  • CiNii Research

    検索サービス
    連携先のサイトで、CiNii Researchが連携している機関・データベースの所蔵状況を確認できます。

書誌情報

この資料の詳細や典拠(同じ主題の資料を指すキーワード、著者名)等を確認できます。

資料種別
記事
著者標目
出版年月日等
1992-10-20
出版年(W3CDTF)
1992-10-20
並列タイトル等
The Effect of Partial Arterialization of the Portal Vein Using Urokinase Immobilized Catheter Bypass between the Fral Artery and Portal Vein on the Dearterialized Liver
タイトル(掲載誌)
金沢大学十全医学会雑誌
巻号年月日等(掲載誌)
101 5
掲載巻
101
掲載号
5