図書

Drugs and autonomic conditioning : the effects of amphetamine and chlorpromazine on the simultaneous conditioning of pupillary and electrodermal response elements

図書を表すアイコン

Drugs and autonomic conditioning : the effects of amphetamine and chlorpromazine on the simultaneous conditioning of pupillary and electrodermal response elements

資料種別
図書
著者
by Ingmar Dureman
出版者
Almqvist & Wiksell
出版年
[1959]
資料形態
ページ数・大きさ等
25 cm
NDC
-
すべて見る

資料に関する注記

一般注記:

Thesis--UppsalaWithout thesis statementBibliography: p. [152]-162

書店で探す

全国の図書館の所蔵

国立国会図書館以外の全国の図書館の所蔵状況を表示します。

所蔵のある図書館から取寄せることが可能かなど、資料の利用方法は、ご自身が利用されるお近くの図書館へご相談ください

その他

  • CiNii Research

    検索サービス
    連携先のサイトで、CiNii Researchが連携している機関・データベースの所蔵状況を確認できます。

書誌情報

この資料の詳細や典拠(同じ主題の資料を指すキーワード、著者名)等を確認できます。

資料種別
図書
著者・編者
by Ingmar Dureman
出版事項
出版年月日等
[1959]
出版年(W3CDTF)
1959
大きさ
25 cm
出版地(国名コード)
sw
本文の言語コード
en