<中国語>『中国教育政策白書. 2019』:アジア情報室の社会科学分野の新着資料紹介(2022年3月公開)

更新
アジア情報室 作成

范国睿 主编『中国教育政策蓝皮书 = The blue book of China's education policy 2019(中国教育政策白書. 2019)』上海 : 上海教育出版社, 2020.8, 8, 312 p 【FB54-C522

キーワード

中国、教育政策

編集者・著者

主編者の範国睿は、華東師範大学基礎教育改革発展研究所の研究員であり、同大学教育学部の教授である。教育政策を主な研究分野としている。

出版の背景・目的

本書は、教育部[1]政策法規司の委託を受け、華東師範大学国家教育マクロ政策研究院及び華東師範大学教育管理研究院が編纂した報告書であり、2017年以降、毎年継続的に出版されている[2]

本書のポイント

中国では、2019年2月に、「中国教育現代化2035」という計画[3]が公表され、教育水準の向上、公共教育の均質化、生涯学習システムの構築などにより教育強国を目指すという目標が掲げられた。本書はそれも踏まえ、教育に関する14の領域について、現状やこれまでの施策等をまとめ、政策提案を行っている。特に、政策提案に主眼を置いて記述されていると思われ、各領域における中国の教育政策の方向性を知るうえで有用な資料である。

目次

はじめに 青写真によって発展を牽引する
第一章 道徳重視の人材教育という基本的な任務を全面的に遂行する
第二章 普遍的で質の高い学前教育の公共サービス体系を構築し整備する
第三章 基礎教育の質を高める
第四章 普通高校の人材育成方式の改革を推進する
第五章 高等教育の内容の発展を深化させる
第六章 国の職業教育の改革を推進する
第七章 民間教育を支持し規範化する
第八章 教育の脱貧困を実現する
第九章 素養が高く専門的なイノベーション型教員集団を作る
第十章 教育の監督・指導体制メカニズムの改革を深化させる
第十一章 オンライン教育の健全で順序だった発展を促進する
第十二章 教育の現代化を目指し、特定地域で試験的にイノベーションを推進する
第十三章 教育管理の現代化を促進する
第十四章 教育事業に対する中国共産党の全面的な統率を強化する
2019年の中国の教育政策大事年表

関連する国立国会図書館刊行物収載の文献

宮尾恵美「中国 教育監督指導条例の制定」『外国の立法』No.253-2(2012.11)
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3948092_po_02530209.pdf?contentNo=1

(アジア情報課 丹治 美玲)


[1] 日本の旧文部省に相当する行政機関。

[2] 当館では2018、2019を所蔵。

[3] 中共中央、国务院印发《中国教育现代化2035》(中華人民共和国中央人民政府ウェブサイト)
http://www.gov.cn/zhengce/2019-02/23/content_5367987.htmLeave the NDL website.
(参考)中国 2035年までに「教育強国」実現目指す(SankeiBiz)
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190305/mcb1903050500003-n1.htmLeave the NDL website.