『文海』の「偽平声」...

『文海』の「偽平声」から見る西夏語音韻学の複層性 : 西夏文字の字音推定の限界の所在について

記事を表すアイコン

『文海』の「偽平声」から見る西夏語音韻学の複層性 : 西夏文字の字音推定の限界の所在について

国立国会図書館請求記号
Z12-71
国立国会図書館書誌ID
033323756
資料種別
記事
著者
濱田 武志
出版者
京都 : 日本言語学会
出版年
2024-01
資料形態
掲載誌名
言語研究 = Journal of the Linguistic Society of Japan / 日本言語学会 編 (165):2024.1
掲載ページ
p.59-84
すべて見る

書誌情報

この資料の詳細や典拠(同じ主題の資料を指すキーワード、著者名)等を確認できます。

資料種別
記事
著者・編者
濱田 武志
著者標目
並列タイトル等
Concerning the Chronological Plurality of Tangut Phonology in the Light of "Pseudo-level Tone" in Wenhai (the Sea of Characters) : The Limitation of Inferring the Sound of Tangut Characters
タイトル(掲載誌)
言語研究 = Journal of the Linguistic Society of Japan / 日本言語学会 編
巻号年月日等(掲載誌)
(165):2024.1
掲載号
165
掲載ページ
59-84
掲載年月日(W3CDTF)
2024-01