文書・図像類

発達期の中枢神経系におけるシナプス除去機構:In-vitroアプローチによる研究

文書・図像類を表すアイコン

発達期の中枢神経系におけるシナプス除去機構:In-vitroアプローチによる研究

資料種別
文書・図像類
著者
田端, 俊英ほか
出版者
-
出版年
2018-03-28
資料形態
デジタル
ページ数・大きさ等
-
NDC
-
すべて見る

資料に関する注記

一般注記:

金沢大学医薬保健研究域医学系発達期における過剰シナプスの除去は脳神経回路の精緻化に不可欠である。小脳の登上線維(CF)-プルキンエ細胞(PC)シナプスはシナプス除去の代表的モデルであるが、その素過程であるPC樹状突起に対するCF間競合を連続観察する技術の開発を行った。基本戦略として、異なる蛍光色素で...

関連資料・改題前後資料

https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=80303270

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13035016/

書店で探す

全国の図書館の所蔵

国立国会図書館以外の全国の図書館の所蔵状況を表示します。

所蔵のある図書館から取寄せることが可能かなど、資料の利用方法は、ご自身が利用されるお近くの図書館へご相談ください

その他

  • 金沢大学学術情報リポジトリKURA

    デジタル
    連携先のサイトで、学術機関リポジトリデータベース(IRDB)(機関リポジトリ)が連携している機関・データベースの所蔵状況を確認できます。

書誌情報

この資料の詳細や典拠(同じ主題の資料を指すキーワード、著者名)等を確認できます。

デジタル

資料種別
文書・図像類
著者・編者
田端, 俊英
Tabata, Toshihide
出版年月日等
2018-03-28
出版年(W3CDTF)
2018-03-28
タイトル(掲載誌)
平成14(2002)年度 科学研究費補助金 特定領域研究 研究概要 = 2002 Research Project Summary
巻号年月日等(掲載誌)
2001 – 2002
掲載巻
2001 – 2002
掲載ページ
2p.-